基数変換の方法を簡単にまとめてみたよ|2進数、10進数、16進数への変換まとめプリント

Introduction

2進数、10進数、16進数への相互変換方法を簡単にまとめてみました。最後の方でプリントとしてダウンロードできるようにしています。

ここでのやり方は、Prau(このサイト)で説明している変換方法をまとめたものです。

簡略化しているので、「ちょっと分かり難いな」と思った方はそれぞれの解説ページを下のリンク先から探してご覧ください。

情報のデジタル化|文系でも大丈夫!簡単に分かり易く説明します。
 目次  アナログとディジタル アナログ情報とは。デジタル情報とは。違いは何? コンピュータと2進数の関係 2進数とは 2進数で表現できる数は2の累乗になるとは、どういう意味なの? 2進数での2nと2n-1の違いをハ...

 

やり方を忘れた時に思い出すためのページだよ

変換方法一覧

変換方法は 2進数 ⇔ 10進数 の変換をしっかりマスターするところがスタートです。

この2つに慣れることで16進数への変換もパターン化して覚えることができます。

また、変換方法を機械的に覚えるのではなく「なぜその方法で変換できるのか」を理解することで、応用的な問いにも対応できるようになりますよ。

2進数から10進数へ

  1. 上に「2」「2」「2」と順番に振る
  2. 「1」のある場所だけ下に計算結果を記入
  3. それらを合計

例)・・・(11001)2を10進数へ

10進数から2進数へ

  1. 10進数を2で割り算して、余りを右側に記入
  2. 割り算の結果が「0」になるまで割り算を続ける
  3. 右側に記入した余りを下から順番に並べる

例)・・・(10)10 を2進数へ

2進数から16進数へ

  1. 4ビット(4桁)ずつに分けて線を引く
  2. 分けた4ビットごとに2進数の上に20から順番に記入していく
  3. 2進数の「1」が存在する場所だけ計算結果を下に書く
  4. 4ビットずつ、下に書いた計算結果を合計したものが16進数の1桁になる。

例)・・・(10100110)2 を16進数へ

10進数から16進数へ

  1. 10進数を16で割り算して、余りを右側に記入
  2. 割り算の結果が「0」になるまで割り算を続ける
  3. 右側に記入した余りを下から順番に並べる

例)・・・(194)10 を16進数へ

16進数から2進数へ

  • 16進数を1桁ずつに分ける
  • 分けた16進数1桁をそれぞれ2進数へ変換する
  • 変換した2進数を順番に並べる

例)・・・(A8)16を2進数へ

16進数から10進数へ

  1. 16進数の上に160から順番に記入していく
  2. 16進数が存在する場所だけ計算して下に書く
  3. 下に書いた計算結果を合計する

例)・・・(12A)16を10進数へ

プリントダウンロード

基数変換の例を1枚のA4プリントにまとめました。

基数変換まとめプリント

復習時に使ってください。